★高倉健・略歴★


●鉄道員(ぽっぽや)高倉健・大竹しのぶ・広末涼子●



鉄道員(ぽっぽや) [DVD]高倉健お薦めDVDラインナップ



◎高倉健・プロローグ・INDEX◎
はじめにプロフィール略歴映画HOME



★高倉健・略歴★

2010年現在204本もの映画に出演した高倉健の生い立ちから現在に至るまでの足跡にせまってみました。

●1931年(昭和06年)
2月16日、福岡県中間市中間町にて誕生・ 小田家の次男として生まれ「剛一」と名付けられる

●1937年(昭和12年)
中間市中間小学校に入学

●1943年(昭和18年)
福岡県立東筑中学校に入学

●1948年(昭和23年)
学制改革で新制高校二年生に移行

●1949年(昭和24年)
明治大学商学部商学科に入学

●1954年(昭和29年)
明治大学卒業

●1955年(昭和30年)
東映第2期ニューフェイスとして東映入社

●1956年(昭和31年)
「電光空手打ち」でスクリーンデビュー・ 「恐怖の空中殺人」で江利チエミさんと初共演

●1957年(昭和32年)
「青い海原」で美空ひばりさんと初共演、以後16本共演する

●1958年(昭和33年)
「森と湖のまつり」で内田吐夢監督と出会う

●1959年(昭和34年)
2月16日、江利チエミさんと結婚

●1963年(昭和38年)
任侠映画第一作「人生劇場 飛車角」に出演・「暴力街」に主演、アウトロー健さんが大きく印象付けられる

●1964年(昭和39年)
「宮本武蔵」に佐々木小次郎役として出演、シリーズ化される・任侠映画第一回主演映画「日本侠客伝」公開、シリーズ化される

●1965年(昭和40年)
主演映画「網走番外地」公開、シリーズ化される・ テイチクより「網走番外地」発売、ゴールデン・レコード賞を獲得・ 主演映画「昭和残侠伝」公開、シリーズ化される

●1966年(昭和41年)
「侠客伝」2本「番外地」3本「残侠伝」2本に主演する

●1968年(昭和43年)
主演映画「新・網走番外地」公開、シリーズ化される

●1969年(昭和44年)
ハリウッド映画「燃える戦場」出演のため渡米

●1970年(昭和45年)
東京世田ヶ谷の自宅が全焼する・ 「遊侠列伝」で京都市民映画祭・主演男優賞を受賞・ 高倉プロモーションを設立

●1971年(昭和46年)
初めてCMに出演する(アサヒビール)・ 12年一緒だった江利チエミさんと離婚

●1972年(昭和47年)
実質的任侠映画の終焉を告げる「関東緋桜一家」に出演

●1973年(昭和48年)
健さん唯一の実録シリーズ「山口組三代目」に主演

●1974年(昭和49年)
ハリウッド映画「ザ・ヤクザ」に主演
●1976年(昭和51年)
東映を退社・ 第22回アジア映画祭・主演男優賞受賞

●1977年(昭和52年)
TBSの連続テレビドラマ「あにき」に主演する
●1978年(昭和53年)
7年ぶりでCMに出演する(レナウン)・1978 「幸福の黄色いハンカチ」および「八甲田山」で各映画賞を受賞・第51回キネマ旬報・主演男優賞・第32回毎日コンクール・男優演技賞
・第20回ブルリボン・主演男優賞・第1回日本アカデミー・主演男優賞・第24回アジア映画祭・主演男優賞・「野性の証明」で主役、薬師丸ひろ子と共演する・NHKのドキュメンタリー「北帰行」に出演

●1980年(昭和55年)
三菱ギャランのCMに出演する

●1981年(昭和56年)
TBSのラジオ・ドラマ「熊嵐」に出演・ 「動乱」「遙かなる山の呼び声」により、第4回日本アカデミー・主演男優賞を受賞

●1982年(昭和57年)
「駅・STATION」により、第5回日本アカデミー・主演男優賞・ 第27回アジア映画祭・主演男優賞を受賞

●1984年(昭和59年)
日本生命のCMに出演する

●1989年(昭和64年)
「あ・うん」で第34回アジア太平洋映画祭・主演男優賞を受賞

●1991年(平成03年)
エッセイ集「あなたに褒められたくて」にて、第13回日本文芸大賞を受賞

●1992年(平成04年)
200本目の映画「ミスターベースボール」に主演

●1994年(平成06年)
雪村いずみらと共に、紫綬褒章を受賞・ 富士通「FMV」のCMに出演する・ NHKドラマ「刑事」に主演

●1996年(平成08年)
煙草「LARK」のCMに出演する

●1997年(平成09年)
ポッカコーヒー「ミスター」のCMに出演する

●1999年(平成11年)
「鉄道員(ぽっぽや)」により、第23回モントリオール世界映画祭・主演男優賞を受賞

●2000年(平成12年)
「鉄道員(ぽっぽや)」により、ブルーリボン賞主演男優賞受賞・第23回日本アカデミー・最優秀主演男優賞を受賞・ キリン「生茶」のCMに出演

●2001年(平成13年)
絵本「南極のペンギン」出版・ キリン「クラッシックラガー」のCMに出演・ 映画「ホタル」に主演

●2002年(平成14年)
映画「ホタル」が韓国で上映される

●2003年(平成15年)
5年間のラジオ番組をまとめた「旅の途中で」を出版

●2006年(平成18年)
中国映画「単騎、千里を走る」に主演、監督・張 芸謀(チャン・イーモウ)


高倉健関連商品をアマゾンで探すTSUTAYA DISCAS

高倉健・映画へ


◎高倉健・プロローグ・INDEX◎
はじめにプロフィール略歴映画HOME


高倉健と映画 |情報商材の館 |クリスチャンルブタン

プロローグ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。