★高倉健・エピソード・INDEX★


●野性の証明・予告編●



野性の証明 [DVD]高倉健 DVD-BOX


◎高倉健・エピソード・INDEX◎
エピソード・INDEXエピソード・カテゴリHOME



★高倉健・エピソード・INDEX★

 高倉健は日本最後の映画俳優などと言われているとおり、TVなどのドラマやバラエティー番組にはほとんど顔を出さない、その私生活はベールに包まれた部分が多々ある、だからこそ、たまに出る健さんの情報は一段と価値が高いのだろう。

このコーナーでは数少ない、そんな高倉健のエピソードを紹介していきます、そのネタの出所は共演者、監督、ロケ現場の人たち、芸能記者、リポーターなどさまざまですが、健さんのエピソードにしつこいほどに迫ります。





◎高倉健・エピソード・INDEX◎


★俳優・高倉健誕生★へ

★高倉健は役作りに熱心に取り組む俳優★へ

★ストイックな俳優・高倉健★へ

★高倉健と張芸謀(チャン・イーモウ)★へ

★高倉健と石原裕次郎★へ

★健さんの好きな歌・ミュージシャン★へ



高倉健ポスタ−高倉健関連商品をAmazonでさがす


★俳優・高倉健誕生★へ


◎高倉健・エピソード・INDEX◎
エピソード・INDEXエピソード・カテゴリHOME





★俳優・高倉健誕生★


●高倉健任侠映画ポスター集●



昭和残侠伝 死んで貰います [DVD]高倉健 DVD-BOX


◎高倉健・エピソード・INDEX◎
エピソード・INDEXエピソード・カテゴリHOME



★俳優・高倉健誕生★

 思ったような就職先がなかった小田剛一青年は大学卒業後、やむなく浪人をしていたが、1955年(昭和30年)に、その頃すでに歌手、女優として売れっ子だった、美空ひばりが所属する新芸プロのマネージャーになるため、喫茶店で面接テストを受ける。

幸運な事に、その時、偶然その場にいた東映東京撮影所長で、プロデューサーのマキノ光雄に遭遇、スカウトされ、東映にマネージャーとしてではなく、第2期ニューフェイスとして入社、かくして高倉健誕生である。

 翌1956年(昭和31年)高倉健は入社してすぐに映画『電光空手打ち』の主役に抜擢され、華々しくデビューした、それまで演技経験も皆無で、コネとして親族に有名人や映画関係者がいるわけでもない無名の新人の高倉健が、すぐに主役デビューすることは、まさに当時としては異例中の異例の大抜擢だったと言われている。

その後、「青い海原 」「森と湖のまつり 」「地獄の底までつき合うぜ」などに代表される現代劇映画を中心に、東映東京の主演スターとして活躍していたが、まともに演技のトレーニングも受けたことがないまま映画出演を続けていたことが、健さんにとってコンプレックスになっていたという。

 1960年代前半までの高倉健は、時代劇映画中心の東映では大スターとはいえず、片岡千恵蔵や美空ひばりの映画作品の助演が多かった、その流れが変わるのは、ヤクザ映画ブームの起点となる『人生劇場 飛車角』(1963年、鶴田浩二主演)に出演して注目を集めてからである。

1964年から始まる『日本侠客伝』シリーズ、1965年から始まる『網走番外地』シリーズ、『昭和残侠伝』シリーズに主演し、高倉健は一躍、日本で最も集客力のあるスーパースターとなる。


日本侠客伝 [DVD]高倉健関連商品をAmazonでさがす

★高倉健は役作りに熱心に取り組む俳優★へ


◎高倉健・エピソード・INDEX◎
エピソード・INDEXエピソード・カテゴリHOME







×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。