★映画・1980年★


●遙かなる山の呼び声●



遙かなる山の呼び声 [DVD]高倉健お薦めDVDラインナップ



◎高倉健・映画・INDEX◎
56〜5960〜6465〜6970〜7475〜7980〜8485〜8990〜9900〜09映画・INDEX
1980年1981年1982年1983年映画・INDEXHOME



★映画・1980年(昭和55年)★

189.動乱

監督山下耕作
キャスト高倉健/吉永小百合/米倉斉加年/永島敏行/桜田淳子/田村高広
あらすじ現代にもつながる昭和史の起点となった五・一五事件から二・二六事件までの風雲急を告げる時代を背景に、高倉健演じる青年大尉と、吉永小百合演じる彼の部下の姉との悲恋を古典的なタッチで描いた2部構成(第一部:海峡を渡る愛/第二部:雪降り止まず)の作品。
フィクションとノンフィクションを巧みに織りまぜながら、銃声とともに散った男女の愛を淡々と綴った森谷司郎の演出が光る。
(上映時間150分) 動乱 [DVD]





190.遙かなる山の呼び声

監督山田洋次
キャスト高倉健/倍賞千恵子/吉岡秀隆/ハナ肇 /渥美清
あらすじ殺人を犯し警察に追われる男が、牧場の母子と出会い平和なひと夏を過ごすが、やがて別れの時がやってくる。
ラストはタオルが必要なくらい大泣き。じゅんが、いや吉岡秀隆が素晴らしい。もちろん健さんも千恵子さんも素晴らしい。ハナ肇もいい味です。
「黄色いハンカチ」のスタッフ・キャストが再結集して作られた作品です。
(松竹・上映時間124分) 遙かなる山の呼び声 [DVD]


蛇足「遙かなる山の呼び声」は山田洋次監督が高倉健とタッグを組んで製作した、1977年の「幸福の黄色いハンカチ」に続く第二作目の映画である。
「幸福の黄色いハンカチ」の時は主人公の役に誰を持ってくるかで山田洋次監督は随分悩んだそうだが、この「遙かなる山の呼び声」については最初から高倉健を主人公に据えた設定でストーリーを考えたそうである。

1978年の「冬の華」が私が選んだベスト1だと前回の「映画・1978年」で記しましたがこの「遙かなる山の呼び声」はそれに次ぐ作品だと思っています。
山田洋次監督ならではの演出で健さんの魅力をタップリと出しています、また、キャストも山田洋次監督映画には必ずといっていいほど出演する、倍賞千恵子、吉岡秀隆、渥美清などを用いているし、ハナ肇の存在感のある演技が花をそえる。
子役時代の吉岡秀隆も10歳ぐらいの男の子とは思えない素晴らしい演技だ。

ある雑誌で高倉健の役柄について山田洋次監督が書いていたのを見た事がある、監督曰く「健さんに軍服などの服をやたらと着せたがる監督が居るが、私は高倉健という役者はそんな肩肘張った役よりは普段の日本人、素晴らしい日本人が最も似合った役者だ」といった意味の提言をしていた。
高倉健と山田洋次、映画界を代表するこの両雄のタッグをもう一度観たいというのは私のみならず映画ファンなら誰しもが願っている事ではないでしょうか、何時か実現してくれる事を切に願って止まない。


高倉健お薦めDVDラインナップTSUTAYA DISCAS

高倉健・映画・1981年(昭和56年)へ


◎高倉健・映画・INDEX◎
56〜5960〜6465〜6970〜7475〜7980〜8485〜8990〜9900〜09映画・INDEX
1980年1981年1982年1983年映画・INDEXHOME


駅 station |ガルウィング |nixi


★映画・1981年★


●幸福の黄色いハンカチでの健さんと渥美清●



駅 STATION [DVD]高倉健お薦めDVDラインナップ



◎高倉健・映画・INDEX◎
56〜5960〜6465〜6970〜7475〜7980〜8485〜8990〜9900〜09映画・INDEX
1980年1981年1982年1983年映画・INDEXHOME



★映画・1981年(昭和56年)★

191. 駅 STATION

監督降旗康男
キャスト高倉健/倍賞千恵子/いしだあゆみ/烏丸せつ子/宇崎竜童/根津甚八
あらすじ「北の国から」の脚本家・倉本聰が高倉健のために書き下ろしたというオリジナルシナリオをもとに映画化。
北海道警察の刑事で、オリンピックの射撃選手に選ばれるほど射撃に関して優秀な刑事・三上英次(高倉健)は何度も凶悪犯を追いつめ、その都度、道警本部より表彰される敏腕刑事だ。
しかし、その華々しい名誉とは裏腹に、事件の数々は人間の孤独や寂しさを容赦なく露呈させていく。

刑事としてのプライドと責任感を持ちながら孤独に生きる一人の刑事の10年余にわたる軌跡を、三人の女たち(いしだあゆみ、烏丸せつこ、倍賞千恵子)との出会いと別れを通して描く、高倉健の魅力が満載された作品。
(東宝・上映時間133分) 駅 STATION [DVD]


蛇足「駅 STATION」もそうだが高倉健は降旗康男監督とのコンビで数々の作品を世にだしている、早くは「網走番外地シリーズ」の頃から始まり、その後も冬の華(1978)居酒屋兆治(1983)夜叉(1985)あ・うん(1989)鉄道員(ぽっぽや)(1999)ホタル(2001)と最近の高倉健の代表作には必ずといっていいほど降旗康男監督の姿がある。
単騎、千里を走る(2006)もその例外ではない、「単騎、千里を走る」については全体の総監督は中国の張・芸謀(チャン・イーモウ)監督がつとめたが、日本でのシーンの撮影は降旗康男監督が指揮を執った。

俳優・高倉健と監督・降旗康男はよほど馬が合うのだろう、そうでなければこのように長年にわたって名作を出しつづける事は出来ない。
そして降旗康男監督作品のキャスチングはいわゆる健さん組でまとめているというのが特徴だ、池部良、大滝秀治、田中邦衛、小林捻持など当然のごとくこの「駅 STATION」でも重要な役をえんじている。

女優ではこの作品にも登場する倍賞千恵子、いしだあゆみが居て、田中裕子、奈良岡朋子もよく健さん映画に登場する女優である。
ちなみに、この「駅 STATION」で高倉健は第5回(1982年)日本アカデミー・最優秀主演男優賞を受賞している。


高倉健関連商品をアマゾンで探すTSUTAYA DISCAS

高倉健・映画・1982年(昭和57年)へ


◎高倉健・映画・INDEX◎
56〜5960〜6465〜6970〜7475〜7980〜8485〜8990〜9900〜09映画・INDEX
1980年1981年1982年1983年映画・INDEXHOME


駅 station |ガルウィング |nixi


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。