★CM(そのU)★


●日本生命CM『ロングラン』●



高倉健 山田洋次作品 [DVD]高倉健 DVD-BOX



◎高倉健・CM・INDEX◎
CM(そのT)★CM(そのU)★CM・カテゴリHOME



★高倉健・CM(そのU)★

若い俳優、女優、タレントの中には、同時に数社のCMに出まくっている人もいるが、高倉健が出演するCMの本数はさほど多い方ではない、同時に複数のスポンサーとの契約は滅多にないようである。
その代わりに、年間の契約料金が並み居る俳優のなかでもトップクラスであるそうです。
一説には年間1億との話も耳にした事があります、その事はとりもなおさず、スポンサーがそれだけの高額契約料金を払っても、それに見合って、なお余りある宣伝効果が期待できる、すなわち価値ある俳優であるという事の証明だと思います。





●1994年(平成06年)●

富士通「FMV」
スポンサー富士通株式会社 放映1994〜2000
概略 倍賞千恵子さんと夫婦(恋人?)と思しき設定で、毎回楽しみに見ていました。
何ともプライベート風でよかったんですが、突然田中麗奈に変わった時は、ちょっとショック!終ってしまって大ショック!



●1996年(平成08年)●

ラーク「言葉より語るもの」
スポンサーフィリップモリス社 放映1996〜1997
概略 数ある健さんCMの中でも群を抜いてカッコイイです。
私はたばこは吸わないのですが、このCMが強烈にインパクトがあった事は記憶しています。
『大人になりたいと思ったことはない、男になりたいと思っていた。』このセリフにしびれました。



●1997年(平成09年)●

ポッカコーヒー「ミスター」
スポンサー株式会社ポッカコーポレーション 放映1997
概略 「ガンバレー!タカクラケーン!」と土手の上から叫ぶ健さん。
初めて見た時はさすがにビックリしたものです。その後、タクシーの運転手になってサラリーマンのグチを聞いてやってたりしてました。
コーヒー好きの健さんが、まさか缶コーヒーのCMやるとは思いませんでした。
が、放映中は毎日「ミスター」を飲んでいました。



●1999年(平成11年)●

北海道観光連盟「春キャンペーン」
スポンサー北海道観光連盟 ポスターのみ1999〜2000
概略 九州出身にも関わらず、健さんと言えば「北海道」という皆の持っているイメージを、そのままCMに起用しているのがこれ。
ポスターのみの展開ですが、満面の笑みの健さんがイイです。



●2000年(平成12年)●

キリン「生茶」
スポンサーキリンビバレッジ株式会社 放映2000〜
概略 当時は絶賛された「登場篇」では、健さんがペットボトルの生茶を片手に、漁師街の小さな食堂に現われます。
パート募集の貼り紙を見て、まさかと思いきや、やっぱり(笑)その店で働きはじめることになる。
ちょっとした事件が起こる「3日目篇」さらに健さんを好きになってしまう「のれん篇」と展開。
永島暎子が登場して「風篇」とドラマは続く。なぜか、修斗の宇野薫共演。しかし放送回数が少ないため、あまりお目にかかれず、淋しいです。
そして現在、永作博美にスカウトされ、店で働き、まさかの結婚宣言!?と、急展開中していく。



●2001年(平成13年)●

キリン「クラシックラガー」
スポンサー麒麟麦酒株式会社 放映2001〜
概略 2001年販売されたキリンクラッシックラガーのCMに健さんが起用されました。ところが、この商品自体、中国・四国地区限定販売なので、当然CM展開も中国・四国地区のみです。広島在住の演技事務山下さんの情報によりますと、福山小夜さんが描く健さんの似顔絵が画面に登場し、健さんの声で『時代は変わる。でも自分の物差しは変えない』のナレーションが入るとの事。是非、全国発売して欲しいです。そしてCMが見たいです。ポスターのコピーは『まっすぐで、いいんじゃないですか』。

高倉健関連商品をアマゾンで探すTSUTAYA DISCAS

高倉健・DVD(あ行その1)へ


◎高倉健・CM・INDEX◎
CM(そのT)★CM(そのU)★CM・カテゴリHOME


アダムエロペ |アダバット |アクアガール


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。